神戸市の賃貸マンション・アパート戸建て情報サイト

ピタットハウス神戸版

愛するペットとの快適な引越しライフ

昔からのことわざに、「犬は人につき、ネコは家につく」という表現があります。「動物の性格上、犬は飼い主によく懐いて引越しにもついて行くが、縄張り意識の強い猫は、人よりも家の建物・場所に馴染む」という意味です。

とはいっても、動物は人間以上に環境の変化に敏感なため、新たな住まいにストレスを感じてしまうこともあります。ペットも大切な家族の一員ですから、なるべく負担の少ない方法で安心に引越しが出来るよう、最大限の配慮をしてあげましょう。

引越し当日

1番慌ただしくなる引越し当日は、ペットにとっても大きなストレスとなります。連日知らない人が家を出入りすることや、荷物運びの大きな音に反応して、パニックで吠えてしまったり、引越し業者の方を威嚇したり、時にはケージから逃げ出そうとすることもあります。なるべくペットに負担をかけないよう、ペットホテルを活用するか、又は知り合いの家に預けておくなどの対策をとっておくと安心です。

移動時

移動手段には、「マイカーで運ぶ」「公共交通機関で移動する」「ペット専門業者に依頼する」「引越し業者に依頼する」などの方法があります。
マイカー移動なら、自分たちのペースでペットを休ませながら運ぶことができます。自家用車で連れて行くことが難しい場合や、公共交通機関で移動させられない場合は、ペット専門業者への依頼をご検討ください。輸送の途中を挟んで、トイレ休憩はきちんと用意されているのか、水や餌を与える時間はあるのかなど、事前確認をとっておくことも大切です。

引越し後

暮らし始めて間もない頃は未知の世界に戸惑い、ケージから出ようとしないかもしれません。しかし、無理やり出そうとするとケージへ逃げ帰り、余計に出てこなくなる可能性があります。飼い主が見える位置にケージを置き、自ら出てくるまで待ってあげましょう。遊び道具や毛布、使い慣れたトイレやエサ入れなど、自分の臭いがついているものを置き、少しでも安心させてあげることが大切です。

また、ペットにとって何より落ち着くのは、飼い主がそばにいてあげることです。なるべくスキンシップを心掛けて、一緒にいる時間を増やすようにしましょう。

当社では、ワンちゃん・ネコちゃんと仲良く暮らせる新築賃貸物件をはじめ、人気のデザイナーズマンション、タワーマンションなども豊富にご用意しております。神戸市灘区や三宮で新築賃貸などの不動産をお探しの際は、是非当社をご利用ください。

物件閲覧履歴(過去10件)

ページの先頭に戻る