神戸市の賃貸マンション・アパート戸建て情報サイト

ピタットハウス神戸版

間取り図から得られる情報

タワーマンションや分譲賃貸など、賃貸物件にも様々なタイプがあります。物件探しで役立つ情報の1つが間取り図です。

間取り図の役割

間取り図は、玄関、キッチン、トイレといった設備の配置や部屋の広さを分かりやすく示した平面図です。方位も一緒に示されていることが多く、建物の向きからどの程度の日当たりなのかも推測出来ます。

視覚から得る情報量や影響力は強く、物件探しで間取り図がなければあまり興味を引かれず、条件が良い物件を見逃してしまうこともあるかもしれませんが、間取り図を描く際、必ずしも厳密な縮尺を用いる必要がないので、あくまでもどんな部屋なのかを把握する目安だと考えるようにしましょう。

間取り図から得られる情報

部屋を広く使いたい場合は、扉の開き方にも注目してみてください。部屋に対して内開きであれば、外開きや引き戸に比べて使える部屋のスペースが減ります。バルコニーや専用庭を除き、トイレやキッチンといった入居者が個人で使える部分を示す床面積は、ロフトが含まれないことをご存知でしょうか。

ロフトがある物件は、床面積以上に広く使うことが出来ます。このように、設備の配置や部屋の広さ、バストイレ別、収納の有無といった分かりやすい情報以外にも、間取り図から得られる情報はたくさんあります。

間取り図からは分からないこともある

間取り図から窓の位置や部分が分かっても、開口部が床面まである掃き出し窓なのか、窓の最下部が床から80~90cm程度の高さとなる腰窓なのか、窓の開口の高さは分かりませんし、間取りから家具やインテリアの配置をイメージしても、コンセントの位置によってイメージ通りにするのは難しいこともあります。

間取り図はあくまでも住宅の基本情報であるという認識のもと、興味のある物件があれば、不動産会社に問い合わせ、実際に見学することをおすすめします。

当社では、神戸市中央区や灘区、芦屋エリアを中心に、デザイナーズマンションなどの賃貸物件を取り扱っております。デザイナーズマンションの他、新築や学生特集、ペット可、ロフトタイプ、戸建など、様々な賃貸物件を紹介しており、三宮や元町といった駅周辺やこだわり条件での検索が可能です。

神戸の賃貸物件なら、豊富な物件数でそれぞれの物件探しをサポートする当社にご相談ください。

物件閲覧履歴(過去10件)

ページの先頭に戻る